FC2ブログ
ミドリフグを飼い始めてから、頻繁に出向くようになってしまったアクアショップ。

海水魚水槽を見に行くと、この前はいなかった新入りがいました♪
トゲトゲとんがった姿がカワイイ「ラクダハコフグ」の幼魚です。

おぉ!カワユイっすねー
と思いながら水槽を覗いていると、嫁さんがやってきて・・・

 ←またこんな感じ

「今日はこの子を連れて帰る!」なんて言ってます。
ほんとにハコフグが好きなんだなー・・なんて思いつつ、ハコフグを幼魚から面倒見れるのかちょっと考える。
でもミナミハコフグも元気でやってるし、なんとかなりそうな気がしたので頂いていくことにしました。
だいたい嫁さん一押しの生体なら気兼ねなく購入できるのがイイ。
あとになってチクチク言われることもないし・・・

ミナミハコフグなどを購入する前、ミドリフグのフグ仲間としてコクテンフグが欲しかったんですけど、見事に却下されてしまいました。。嫁さんの反対を押し切ってしまうと後々何を言われるかわかりませんからねー

今日は備品とエサなどを買いに来たはずなんですが、最近はこんな流れで生体を購入しているなー。。

IMG_0343.jpg
そんな流れで我が家へ来たラクダハコフグ。
エサは小さめの人工飼料を小さい口ながらがんばって食べてくれてます。
好物は乾燥・冷凍ブラインシュリンプ。食べやすくて良いみたいですね。

しかし冷凍ブラインシュリンプはミナミハコフグ・デバスズメも好物なだけに争奪戦となってしまい、なかなかラクダハコフグは食べることができません。
一度、ラクダだけ隔離して冷凍ブラインを腹いっぱい食べさせてやろうと試みましたが、隔離されたことにビックリしてしまい作戦失敗
乾燥ブラインシュリンプなら仲間達もそれほど狂気することもないので、ラクダくんもしっかり食べられるようです。
IMG_0354.jpg
エサも水面にそのまま落とすと水流で流れてしまい食べずらそうなので、リングの中で留めています。


IMG_0351.jpg
ヤドカリの引越し貝殻地帯を探検中。

性格はなかなか堂々としたもので、オトメハゼに威嚇されてもさほど驚く様子もなく、我が家に来た初日は、ミナミハコフグをピッタリマークしてました。
たまにミナミハコフグのお尻をかじってビックリさせるヤンチャな一面も見せてます。


ラクダハコフグが我が家に来てからしばらく経過したころ。
IMG_0549.jpg
オデコのツノのようなツンツンの片割れが白くなってしまいました。
なんだこれ?白いポッチ。これも白点なの?
ハコフグ類は白点病にかかりやすいと聞いているのでちょっと心配でしたが、ヒレや体には付いていないので様子見としました。

そして週末の水槽掃除。
なんか水が冷たいんだよなーと思い水温計をみると・・・
なんと21度しかない!
水槽台の中に設置している温度調整式サーモを確認すると設定25度なのに作動ランプが消灯してるー

これはサーモの故障に違いない!
どうやらこの数日間、冬場だというのにヒーターなしで過ごしてしまったようです。。

IMG_0558.jpg
バイクでひとっ走り速攻買ってきました。
そしてサーモ交換!これでよし


・・・ってあれ?作動ランプ点灯しないし・・・。。


ブツブツ考えながら取扱説明書を見てみることにする。

「ヒーターの熱線が切れるとサーモは作動しない」みたいなことが書いてあります。

あー・・・。なるほど。やっぱそっちか・・・

どっちが故障したのかちょっと悩んだんですよねー。
たしかにヒーターは消耗品ですもんねー。。
ちょっと勇み足だったみたいですねー


気を取り直して、もう一回行ってきました
IMG_0559.jpg
そして買ってきたこのヒーター。
何やらヒーターに作動ランプが付いているとな。
まぁ、常にランプが点灯しているわけでもありませんが、ランプがないよりあった方が良いのではないかと思いました。
水温計を見るクセもつけないといけませんね。

IMG_0562.jpg
こんな感じに光ってます。
このランプは水槽内でも結構目立ってるので、今回のようなミスを犯してしまうと何気に安心感アリです。


ヒーター交換後、少しづつ温度を上げていこうと思い、まずは23度に設定。
23度になるまで2時間くらいかかったようです。

「これくらい時間をかけて上昇したんなら急激な温度変化とは言わないよなー・・」
ということで24度に設定を変えて様子を見よう。


次の日の朝。水槽を覗くと・・・

あららー。。ミナミハコフグとラクダハコフグに白点が発生してるー

ヒレや体に4個くらい、あきらかに白点病らしき白いポツポツが・・・
考えられる原因は、、、やはり温度変化が有力でしょうか?

これは何かしら対策を施さねばなりません。
白点病の治療といえば、薬浴とか淡水浴とか・・・
なんか治療自体、生体へのダメージも大きそうで躊躇してしまいます。


とりあえずショップへ行ってなんか物色。
店員さんにも相談したところ、水温を少し上げてみてくれとのこと。
普段は25度に設定していたので27度くらいまで上げてみました。
それと、気休めかも知れませんがこんなものも購入。
IMG_0570.jpg
白点病治療というより予防向けかな?
アクア工房のヨウ素殺菌シリーズはエアリフトや筒型などいろんなタイプが売ってました。
外部式フィルターには外掛式のマットを入れてやれば良いとのことでした。

ホントは殺菌灯の方が効果的なんでしょうが、予算が合わず見送りです


それから数日後。
水温27度キープが功を奏したのか、はたまたヨウ素殺菌マットなのかわかりませんが・・・
IMG_0633.jpg
とりあえず、白点は見られなくなりました
オデコにあった白いポッチもなくなってます。
体力をつけてもらおうと、エサを多めに与えていたのも良かったかも。

白点病は一度消えてもすぐ再発するような話もきくので、
今後も水温や水質管理に気をつけていこうと思います。



スポンサーサイト