FC2ブログ
ご無沙汰様ですm(_ _)m

前回更新から1ヶ月くらいになりますか。

この間、120cm水槽は不調の嵐でアクアテンションもガタ落ちしてましたです。

旅立って行かれたサカナ達は今のところ2匹であります。

まずモンツキカエルウオが原因不明ですが・・・★に。
そしてハタタテダイが病に倒れ★に。
そしてそして、ハリセンボンが・・・ピンチです。


ハリセンボンの症状は目が白濁し、尾びれと背ビレが充血し欠けてきました。
さらに背中と腹も赤くなり、食欲不振・・・というかエサを食べられない状態。

ハタタテダイは、白点+似たような症状で★になりましたです。
(オクでの個人売買だっただけに、前飼い主さんに対し申し訳ないです・・m(_ _)m)


病名がよくわかりませんが、尾びれが欠けていくっていうのがミズタマハゼ・ニシキヤッコ・ラクダハコフグと続いています。

なんか、悪い細菌が水槽内にいるような気がします。
これは水槽内に薬物を投入して水槽ごと治療したほうがいいかも。

・・・ということでハタタテダイに白点が出だしたころに、思い切ってデルフィスの銅イオンを投入。

ろ材が吸収してしまうせいか、銅イオンの濃度が思うようにあがらず苦戦しました。
ハタタテダイの体調が改善する様子もなかったし、ヤッコ達の食欲も落ちてきてしまったので1週間で中止。
結局、銅イオンの濃度も目標値まで上げることができなかったんですが、この間にハタタテダイが落ちてしまった。
その後、水換え1/4&アクアセイフを投入した数日後、さらに水換え1/4を行い、悪玉菌の減少を期待してGFGに切り替えました。

GFGの投薬も1週間で終わりにして、週末に水換え1/4&色抜きのための活性炭をドボンしてます。

今では、ハリセンボンの症状は悪化しているようには見えませんが、エサを食べなくなってしまったので、体力も落ちていく一方かと・・

サザナミヤッコとマクロススの食欲も少し前まで落ちていましたが、最近になって食欲も戻ってきて、粒エサをパクパクと良く食べるようになってくれました。
やはり食欲不振の原因は、タイミング的に銅イオンだったのかな?・・・なんて思います。



今現在もハリセンボンの状態は相変わらずですが、他のサカナ達は元気にしてくれています。
120cm水槽はGFGの影響で黄色く着色されてますけどね。

そして今年の5月頃から取り外していた殺菌灯をまた取り付けました。
カミハタのターボツイスト18wなんですけど、120cm水槽には出力が小さすぎると思い撤去していたんです。
もっと強力な殺菌灯に交換しようかとも思いましたが、ウチの水槽台の中に取り付けるにはこれくらいの大きさが適当かな。
白点以外の病原菌の駆除に少しでも役にたってくれれば・・・と思っての再設置です。

IMG_0554.jpg

薬浴中、停止していた自作レンコンスキマーも再稼動。
1週間動かしたら、こんなに汚水が上がってきました。
IMG_0592.jpg
かなり濁っていて、まさに汚水です。
これだけ取れると、スキマーって有効なんじゃないかと再確認です。



・・・・・・・・・・・・



以前、60cm水槽を立ち上げてライブロックやウニを退避させた・・・・なんて書きましたが、その続きをご報告
・・・まぁ、以前とか言ってますが、前回の記事なんですけどね。。。さすが1ヵ月放置ブログだ。

IMG_0424_20101116230716.jpg
↑これが即席で立ち上げた設置時の状態でした。
120cm水槽から撤去したサンゴ砂を再利用。この海水も120cm水槽からの排水だったりします。

あまり、お金をかけないでいこう!・・・と思ったんですが、やはり最低限のものは付けてやらないといけませんよね。

で、今はこんな状態になってます。
IMG_0502.jpg
ろ過はプリズムスキマーのみでベルリン式を気取ってます。
水流ポンプは、以前、底砂掃除機なんぞに使っていたエデニックローターを復活させて使用。
それともうひとつ、ハイドールのピコ エボマグ600です。
灯具は120cm水槽に吊っていたクリップ式の蛍光灯と24wのLED。
あとは・・・ヒーターくらいかな。

中に入っている生体は、大きくなったウニと貝類とヤドカリ。

こちらにはフグがいないせいか、マガキ貝もノビノビです。
IMG_0443.jpg


ま、これだけではちょっと寂しいので2週間くらい前からになりますが生体を1匹だけ追加してしまった。


IMG_0550.jpg
チリメンヤッコですね~

とても臆病な仔で、人影が見えるとすぐに隠れてしまいます。
この60cm水槽のある部屋は倉庫化しているだけあって、いつでも静かなので丁度良いかもです。
エサはメガバイトグリーンのSから初めて、今では粒エサなんでもOKな感じです。

IMG_0495.jpg

この神経質な雰囲気から120cm水槽には入れがたいところです。
あまりタフなサカナには見えませんし・・・

IMG_0531_20101116230741.jpg

今のところ病気もなく元気に泳いでます。
まだ2週間ですけどね・・・
この水槽に入れるサカナは、この仔1匹で打ち止めです。

IMG_0533_20101116230741.jpg
こちらが大きくなってしまったウニですね。
正月頃からいるので、そろそろ1年。ちょっと危ないくらい針がビンビンですよ。。


120cm水槽の方には、このチリメンヤッコと一緒に購入したコバルトスズメが6匹入りました。
病気の多い水槽だけに、丈夫なスズメダイを入れたかったんです。
主役とまではいきませんが、キレイなブルーで名脇役といった感じですかね。

こちらの水槽はリビングにあるせいか、部屋の照明が反射してしまって、上手に画像がとれず難儀してます

IMG_0594.jpg
マクロススもカメラを構えると素早く逃げてしまうし・・・

IMG_0589.jpg
ワタシの腕ではこれくらいが限界か・・

サザナミさんも動く動く・・・
IMG_0596.jpg

ヒレを広げたところなんぞを、パチリとしたいんですけどね・・・
IMG_0595.jpg
サザナミさんは、良い感じの肉付きでブリブリしてます。
マクロススより、少し大きいくらいですが、相変わらず頭が上がらない様子です。

新入りのコバルトスズメもチョロチョロ動くので、うまく撮れませんね~



ハタタテダイが落ち、ハリセンボンが瀕死という状況でテンションがた落ち状態でしたが、ヤッコが元気にしてくれているのがせめてもの救いです。
これで、ヤッコたちが白点だらけなんてことになったら・・・

マジで嫁さんからダメ出しくらいそうですコワイです。。。Σ

スポンサーサイト