FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.09.30 新魚追加~
長らく新魚の追加をしていなかったウチの水槽。
久々に新入りを迎え入れたのは2週間ほど前の話。
ただ、それにあたり気になっていたのが、タテキンさんの肌荒れ具合とサザナミさんの片目白濁です。
あと、たまにサザナミさんはカイカイっ!とカラダを擦る動作もしていました。
白点こそ、ここ1年くらいかな?…見ることはなかったのですが、これらの症状はやはり気になります。
なんか虫でもついてるんかな…?

ということで、まずは淡水浴!
この2匹にチャレンジしてもらいました。
しかし淡水浴なんて過去に何回やったのか憶えていないくらい経験が薄いです。。
隔離薬浴ならフグ水槽時代に何度も経験していますが…
まず淡水浴をするにあたり、そこそこ大きくなったヤッコさんを捕まえるのに一苦労です。。
2個ある大きめのライブロックレプリカ1個を水槽外へ出してスペースを確保。
DPP_0215.jpg
なんとか捕まえようとするんですが…それでもムリっっ!

もう1個のライブロックに隠れてしまって捕まりません。。
仕方ないので、もう1個のライブロックも外へ…
しかしこちらの方が大きいので、ちょっと手こずる。。
やっと取り出したーっ…と、そのまま玄関へっ!
すると何やら音が聞こえるなっ…?

ピチピチピチっっ…

なんだか、聞き覚えのあるような~…

はっ!これ…サカナ引っかかってんじゃね!?

急いで水槽へ戻り、再びドボン!

…出てきました~ホンソメワケベラっ!
DPP_0217.jpg
マジっすか~。。こんな所にいたんだ~。。
そういえば、夜になるとどこかに隠れてしまっていたもんな。。
ここが寝床なのねっ…気づいて良かったわ♪

ホンソメくんが、このレプリカから離れようとしないので、このまま捕獲作戦決行です~

でもやはり邪魔なので~…
DPP_0216.jpg
こんなんなりましたっw

この事態に怖気づいているのか、立てになってしまったレプリカにタテキンくんは近寄れません。
してやったりですね~♪
フローパイプが邪魔ですが、レプリカのトンネルに隠れるより全然マシです

そんな流れで、なんとか捕獲には成功しましたが…

ビチビチビチビチっっ!!

スゴイ暴れっぷりだ…

水槽の周りは見事に水浸しとなりました~…はふぅ。。

プラケの中で暴れまくるタテキンさんにビビリ、いそいで水を満たしたバケツの中へ放り込みましたが、その際、プラケースの海水も一緒にジャボンっ!
若干、汽水よりでしょうか…?うむむ。。
DPP_0218.jpg
まぁ…それでもやらないよりはマシだろう…ということで淡水浴(汽水浴?)スタート。
タイマーをスタートして約8分くらいで終了としました。

水槽に戻すときも、少しづつ比重を合わせてから…という話をよく耳にしますが、そこも構わずドボンっ!…荒いですね~…やることが。。
ま、若干、汽水よりだったし。。何より経験が浅いですから。。
その後、たて続けにサザナミさんにも決行!
こちらはバケツにドボンした時点で横たわってしまいましたが…
DPP_0219.jpg

2~3分後には立て直し泳ぎはじめてくれました。
DPP_0220.jpg
タテキンさんは終始平然としていましたけどね。
んで、コチラも約8分後くらいに、無事、水槽へ帰還です。

して、淡水浴から2~3日経過したあとの2匹の様子は~…変化なしですっ!はぁ~…。。ため息。。
捕獲に難儀してリビングを水浸しにした苦労は報われませんでしたね~。。
おサカナさんにも負担をかけただけで終わってしまったー…ちぇっ。。
でも良い経験になりましたよー…次回はもう少しマシな淡水浴ができると思います!…と、前向き発言しておこう~

淡水浴では良い結果が残せなかったので、続いては本水槽への薬の投与です。

前回のライブロック掃除後、コバルトスズメが1匹落ち、もう1匹も尾が無くなってしまったこともあるので、使わずに保管しておいたヒコサンZを入れてみました。

結果…目に見える効果も感じられないので終了~…。。

追加投与もせず、1週間後に普段どおりの水換えをしてヒコサンZ終了です。
なにかしらの効果を期待してしまいましたが、甘い考えでしたっ

さらに続けて!…グリーンFゴールド顆粒を投与しました!
ウチの水槽の水量は約240Lくらいかな?
なので、規定量の半分として4gの投薬です。
水槽の中に、何かしらの細菌がいるかも?という仮定のもとに入れてみました。
水槽の水が黄色く染まる中、このタイミングで冒頭に書いた新魚の追加です~
クスリの効いているうちに新魚を入れればトリートメントも兼ねることができるかな~…との考えです。

追加した新魚というのは…
はじめはデバスズメを5匹くらい追加しようと思っていたんです。
コバルトも1匹落ちたし…小さめのサカナ追加で賑わいでもらおう~…とね。
ですが、結局ウチに来てもらったサカナさんは「ツノダシくん」ですw
まぁ…嫁さんお気に入りのサカナさんですねっ。。
以前、一度失敗しているサカナですが、リベンジのつもりで来てもらいました。

ビニール袋ごと水槽へ浮かべて、温度合わせの後に水槽へドボン!
慎重な水合わせとかはしてませんね~…
DPP_0221.jpg

ショップでは、まだ餌付いていないとの話でしたが、あらためてツノダシくんのカラダを見てみると~…薄っ!
ペラペラです~…こんな肉付きのないサカナさんは今まで買ったことあったかな?
なんだか、心配になってきました~。。
白点とか鰭欠けとかくらいしか注意して見ていなかったですね~…
DPP_0222.jpg

水槽にはセパレーターを設置してツノダシくんは隔離です。
ただ、以前購入したセパレーターって「メタルセパレーター」なんですよね。
つまりはステンレス製です。
いくらステンレスといっても海水での使用はマズイ…と思ってます。
が…、それでも使ってます…w

…短期勝負ってことで!

120cm水槽を90cmと30cmに割ってツノダシくんスペースは30cm側。
とりあえず手持ちのエサを適当に放ってみますが…食べませんねっ
まぁ、いきなりはムリだろうと思いますけど、なにぶんペラペラなので早いとこ食べてくれないと体力もたないかな~…
数日経っても、粒エサはもちろんのこと冷凍ブラインも食べてくれません。
なんだかツノダシって神経質なイメージがあるし、こりゃヤバイかな~…

ネットで検索していると、どうやらフレークが好み(?)らしい。
ということで、海水魚飼育を始めてから初のフレーク状のエサを買ってきました!
与えはじめの内は全然見向きもしませんでしたが、フレークを流しだし2~3日したころには、ツンツンっ…と興味を示すようになり、そのうちチョイチョイ食べてくれるようになりましたっ

今ではメガバイトグリーンSやシュアのSサイズも食べてくれるようになったので心配ないですねっ
ただ、セパレーターから出すのはもうちょっと肉付きが良くなってからの方が良さそうです~

という流れで、ツノダシくんの方はまだ混泳まで至っていませんが良い方向へ向かってます

…が!

その後も調子に乗って、さらなる新魚追加!
ここでやっちまってます~…。。
病気持ち込み…なめてましたね~…油断しまくりだっ…やばしっ
それとも濾過槽の配管変更でポンプを2時間止めたのがいけなかったか?
新魚追加に配管変更…懸念材料を重ねてしまったのは失敗だったなぁ…うむむ。。

何匹か落ちるかも知れません~…今はそんな状況っす!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。